皆様に感動をご提供すること、これが細渕電球のコンセプトです

 細渕電球の手作り電球スクールご案内 

小学校一年生から、おじいちゃんまで、ご自分で電球を作って頂きます感動をもって帰ってください。
   HOME

弊社では、皆様の「自分で手作りで、電球が作って
みたい」
というご要望にお応えして、 電球作り、
もの作りを実感して頂こうと思い、
”手作り電球スクール”
を開講しています。


今年  2016年、14 周年を迎えます。

次回 開催日  2016年12月26日(月) 14時から17時 

今年は NHKBS ニッポンぶらり鉄道旅にでておりますので、こちらを参考にしてください

       
 ご希望の方は、前もってメール頂きましたら、
  必ず、お知らせします。  宜しくお願いします。


左の写真は、夏休み手作り電球スクールに
来て頂いた こどもたち。


幼稚園生から、小学1年生、3年生、4年生のみなさんの 感想は、

「火を使ったので、最初は怖かったけど うまくできました。  自分でもうまいと思います。
 今度は、違うのに挑戦したい。本当におもしろかったです」

「ねえ、見て見て。私、上手でしょ」

  
  「このために、エジソンの伝記、読んできました」
 


 後日、お母さん方から、多くのメールを頂きました。

 ひとりのお母さんからのメールには、

 「うちの子は、電球を抱えて寝るんですよ。

  『割れたら危ないからやめなさい』  と言うんですが、きかないんですよ」

  
 また、
小学3年生のお母さんからのメールには、

 「昨日は有り難うございました。

 息子は将来なりたいことは、という質問に 『カメラマン』と言っていたのです

 が、今日から『カメラマンと電球職人』と変わりました」

 

 

 「電球スクールのエジソン高橋さんの紙芝居、
    面白かった」

 「お母さん、僕もエジソンになれるかなあ?!」
 

 エジソン高橋はメールで回答しました。

 「もちろん、君はエジソンになれます」

 

 「どうしたの?腰ふってるのは、おしっこ?」

 「違うよ。待ってるのがうれしいので、ルンルンなん
   だよ」 「早く、作りたいよ」

 
 手作り電球スクールは、子供たちだけではありません。

 大人の皆さんも、多いに楽しんで頂いています。

 「感動」をお持ち帰り頂いています。

「めっちゃ、楽しかったです」

 「職人芸を実際見て、声も出ないほど、感激しました」

 「職人さんの作業を間近で見れて、その職人さんからじかに教えてもらえ
  ることができて、本当にうれしかったです」                 
            

  「いつからか、豆電球の形・エネルギー・光が人に与える安堵感に
    興味を持っていました。

  が、いったいどういう風に作られているんだろう?と疑問に思っていました
  こういう形で体験させて頂ける場所があって、私は本当にうれしいです。

    職人さんの作業を間近で見れて、その職人さんからじかにおしえて
    もらえることができて本当にうれしかったです。
    エジソン高橋の紙芝居も、夢に向かいたいと思っているので
    素直によかったですし、エジソンのポジティブ・シンキング大好きやし、
    私もそうであると信じています。
    今日は、本当に参加させてもらって、良かったです」

  「職人芸、ガラスのバルブふき、継線、封止等々を実際見て、
   声も出ないほど、感
激しました。
 
  自分で作った手作り電球を手にして、愛らしいものを感じました」

   「感激しました。手作りというものは、こんなにも思い入れが違うもの
 
  なのかと、実感しました。

    作られたランプを見ると、非常に温かく、愛らしいものでした」

 


 

 

   「電球づくりってこんなにもロマンがあるものかと実感しました」

   「機械による大量生産にはないもの作りの楽しさ、難しさを経験でき、

   勉強になりました。説明も大変わかりやすく、聞きやすかったです」

   「少人数で、一人一人に優しくていねいに教えて頂きました。

      手作り教室としては贅沢な(金額的にも安価で)、非常に、

   お値打ちの教室だった、と思います。


   もっと、回数を増やして欲しいです」

   「皆様の誇りをもって仕事されている姿が素晴らしいです。

   今度は、ガラス吹きに挑戦したいです。

   それにしても、顕微鏡用電球の継線(フィラメント取り付け)は

   難しかったです。泣きました。。。。。。。」

  

 

    「驚くばかりで、良い経験でした。テレビでは伝わらなかった

   ものが、作業をしてわかりました。

   知り合いにはどんどん紹介したいです」

 

 

 「文系ですが、楽しかったです。すごい技術を間近で見られて、

   感動。親切なご指導で良い体験になりました」

 

                    

   「これぞ、巧みの技」

   「自分で電球は作れると思ってもいなかったので、
   出来上がった時には最高でした」

 

 

 

 

  「大学の卒業制作にあたって、参考になることがいっぱいありました」

 

   「職人さんたちの仕事のじゃまをしているように感じたんですけど、


   職人さんたちは、優しく、
笑顔で、ていねいに教えてくれていました。

   職人さんたちに、感謝します」

 


  

    左の小学生は、かおりちゃん。小学1年生。

  お父さんと一緒におみえになり、ひとりでエジソン電球を

  作り上げました。出来上がった時には、

       「お兄ちゃんに見せびらかすんだ」

 お父さんも、「これは、日本の子供たちのために、最高の体験になる」

  「費用は大変だと思いますが、社会貢献として頑張って欲しい」  
    



 弊社の食堂には、すでに 200人以上の方々からの  
 感想が、張り出されています。

 

 正直、電球職人も弊社も食べていくのがやっとで、
 
青息吐息なんですが供たちのこの感想が、
 皆様のご感想が、我々を勇気づけ、活力を
 与えてくれています。 

 一期一会かも知れませんが、逆に、この子たちから、
 我々が勇気をエネルギーをもらっている、
と感じて
 おります。

 

 

   「おじさんたちも、新しい電球に挑戦し、また、お客様に感動を与えられる商品、サービスを提供できるよう頑張るよ」 

                そんな気持ちで、手作り電球スクールを運営しております。

 

                 
  次回、手作り電球スクールは、

 開催日  平成28年12月26日(月) の予定です。

                14:00-  17:00   です 

 ご希望の方は、前もってメール頂きましたら、
  必ず、お知らせします。  宜しくお願いします。

  各クラス  メールにてお申し込み
   ください。
  参加者の皆様へは、弊社よりお知らせします。
  費用は、
  エジソン電球制作  @¥5,400−
  エジソン電球&顕微鏡電球制作  @¥10,800−
   どちらかご希望にて   実施させていただきます。

 

 

 

  内容は

  1)世界初カラー用胃カメラ・ランプ紹介

 2)手作り電球、TV放映
  (テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」)

 3)エジソン高橋の紙芝居

 4)手作り電球工場見学

 5)電球を自分で手作り


    となります。

  是非、皆様のご参加をお待ちしています。


                                 細渕電球株式会社
                         
116-0013東京都荒川区西日暮里1−27−12
                                            TEL:03-3805-2181,   FAX:03-3805-2296

                         <<< Back                Next >>>
                                                  Copyright 2004      Hosobuchi Electric Lamp Co., Ltd