2003.10.31

「なんとか、助けてもらえませんでしょうか?」

「はい、わかりました」

先日の弊社営業、尾片と、お客様との会話です。

お客様は、ドイツ製のタングステンランプをお持ちでした。しかしながら、ドイツからランプの

供給が受けられない、ことになったそうです。

精密機器のランプのため、ほかのランプでは代替できず、「生産に支障がでている、死活問題だ」、

とのことでした。

弊社細渕電球株式会社では、このような外国製ランプへの対応を 昭和40年頃から多くのお客様に

実施させて頂いております。いまだに、そのようなお客様は多くいらっしゃいます。

特別なフィラメントを作り、特別な材料を加工し、外国製ランプ以上のランプを

作り上げています。

 

「梶さん、このハロゲンランプ、どうにか見てもらえない?」

弊社営業、梶と、お客様との会話でした。

お客様は、外国製のハロゲンランプをお使いですが、フィラメント倒れや、ガラスのきずが直りません。

外国メーカーは、概して、アフターフォローがどうしても弱くなってしまいます。

外国メーカー側としては、許容範囲と言いますが、実際、客先では、使えません。

客先では、そのための検査に時間を取られ、生産に支障が出ていました。

あるお客様は、弊社協力国内メーカーに替えたこともありました。

このお客様は、弊社にて、外国メーカーランプの検査を代行して、良品を出荷しております。

製品をご購入される場合、アフターフォローを考慮して、選択されることをお薦めします。

 

きちんとした検査基準の整った納入仕様書をとりかわすことは、ランプ選択のポイントだと思われます。

 

「このランプ、どこにもないんだけど、柳沢さん、どうにかしてくれない?」

弊社営業、柳沢と、お客様との会話でした。

お客様は外国製蛍光灯をお捜しでした。

国内代理店にはありませんでした。輸入しようとすると、1,000本単位とのことでした。

柳沢は、弊社とのお付き合いのある海外ランプ取扱店に、数社連絡しました。

そのうちの1社から「10本で供給できる」との返事がきました。

早速、見積を取り、お客様とお話しました。

お客様からは「有り難い、10本でOK」との回答で、3週間後、商品は到着しました。

お客様は「命拾いした」とのことでした。

弊社の創業55年のネットワークが、お客様を救いました。

 

弊社細渕電球株式会社の特徴は、お客様のご必要とされるランプを作り出し、

お客様のご必要とするランプを探し出し、お客様の必要基準にあったランプを

ご提供しています。

 

ランプに関してのご用命は、是非とも、弊社細渕電球株式会社にお申し付けください。

必ずや、ご満足のいく商品、品質、サービスをご提供します。

 

細渕電球株式会社   116-0013東京都荒川区西日暮里1−27−12

TEL:03−3805−2181  FAX:03−3805−2296

http://www.hosobuchi-lamp.co.jp    Email:  info@hosobuchi.com