検索

世界初胃壁のカラー撮影用ランプの開発に成功


細渕電球は、1954年3月4日に世界初胃壁のカラー撮影用ランプの開発に成功し、今日の内視鏡技術発展の礎を作り、医療分野への貢献を果たしています。


A newspaper "The Tokyo Shinbun" reported that Hosobuchi Electric lamp Co.,LTD succeeded to manufacture a very small light bulb for gastric colorfilm for the first time in the world.(March 4,1954)


当時の内視鏡ランプは、下図のように2つのランプが組み合わされていて、直接胃の中に

入っていました。ひとつは、写真撮影用に高輝度設計、もう一方は、照診用に熱の出ない設計になっていました。


弊社は、創業当時からお客様のご要望にあったランプを設計・開発・製造しています。

18回の閲覧

 Copyright ©  細渕電球株式会社 2020